FC2ブログ

残暑お見舞い申し上げます。

残暑といえでも、まだまだ暑い日が続きますが
朝晩がようやく過ごしやすくなってきました。

今年の夏は、立体に酒器に猫に・・・
おかげさまで作品を見て貰う機会に恵まれ充実した夏となりました。

ギャラリー「沙庭」での個展も無事に終了いたしました。
軽井沢の特殊な空間での展示でしたが
ユニークな出会いもあり、あっと言う間のひと月でした。
お暑いなか足を運んでくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。
また、参加しておりましたグループ展
・元麻布ギャラリー佐久平での「呑みたい器」展
・ギャラリーヴォイスでの「わんの形」展
こちらも、大変多くの方にご覧いただけました。
重ねてお礼申し上げます。

ひき続き、地元上田の私設美術館「心の花美術館」
「猫を愛する20名の作家たち展」に参加させていただいております。
こちらは9月2日までも会期ですので、是非足を運んでいただけると嬉しいです。

2_2018081410473715c.jpg

小作品ですが、立体の具象作品を初めて発表させていただきました。

制作は試行錯誤でしたが、
改めて、自分の中の好きな感じ・・・を
確認しながら作りあげる作業となり
出来上がった作品を何度も何度も撫でまわす・・・という

あぶない人の様でしすが・・・・
質感、手触り、色味・・・手と目から感じる情報の確認作業。
このサイズならではだな・・・と・・・今更ながら・・・

日々の作業が作ること。それが日常化してきて
感情が置き去りになっている事に気がつく。
小さい事でも心が動くことが大切だなと・・・再確認。

1 (2)

ここから、また一歩ずつ・・・
コツコツと・・・

頑張ります(^_^)





呑みたい器-13の蔵と13の作家

日本酒を美味しくいただく素敵な企画に
お声掛けいただきました。

DMのデザインも素敵。
作家も、陶器・磁器・ガラス・金属・木工(漆)と
バライティー豊な面々です。

お気に入りの器と美味しいお酒を見つけにお越しください。

私は大塚酒造の浅間嶽とカップリング。
若い女性杜氏が作っているお酒だそうです。
まだ、呑んだ事が無いお酒なのでいただくのが楽しみ♪

■呑みたい器 - 13の蔵と13の作家
・元麻布ギャラリー佐久平
・2018年7月14日(土)〜7月29日(日) open:11:00〜19:00
・木曜休み・入場無料

【参加作家】※順不同
坪内真弓(陶芸) ・寺西将樹(ガラス)・岡本一道(陶芸)
・小野道佳(陶芸)・角居康宏(金工)・本間友幸(陶芸)
・相馬佳織(ガラス)・ナカムラジン(陶芸)・阿部春弥(陶芸)
・出光晋(木工)・角りわ子(陶芸)・甘利紘(陶芸)
・[山陶舎]末岡信彦・藤野貴則(陶芸)

佐久地域には日本酒の蔵元が13あり、
それぞれに個性豊な酒造りをしています。
蔵元それぞれの雰囲気や作っている銘柄によって、
どんな器で飲むかを考えるのも
日本酒ファンの楽しみのひとつではないでしょうか。

今展では、様々な酒器作品と蔵元および銘柄のペアリングを、
全国利き酒選手権で優勝し、
信州の日本酒PR大使として活躍されている
由井志織さんにお願いしました。

それを参考に自分のお気に入りの器を見つけていただければと思います。



1 (2)
3_201807110806042d7.jpg

2 (1)
4_20180711080606793.jpg

ほろ酔い加減で気楽に・・・
気持ちが少し華やぐ様な器を・・・
そんな思いでつくりました。

IMG_4806.jpg

今回、初めて箱書きなるものにも挑戦してみました。
久し振りの書道。
字体、お酒をイメージして書いてはみたものの×××
む、難しい・・・経験値が足りず・・・ギブアップ。
今回は正統派に真面目に書きました。
浅間縄文ミュージアムでご指導いただきき作った落款もようやく日の目をみました。

IMG_4851.jpg

会期は2週間です。
油屋・沙庭→クリックの個展と合わせてご覧いただければ嬉しいです♬
宜しくお願いします。

個展のご案内 in 軽井沢・アートプロジェクト「沙庭」

個展のご案内です。

軽井沢町追分・信濃追分文化磁場「油屋」
アートプロジェクト紗庭
にて、7月5日ー30日までの一カ月間の開催です。

今回、お声掛け下さったナカムラジンさんから

「沙庭」  とは
神を招いて、お告げを聞く清浄な場所
という意味だと教えていただきました。

ジンさんとの会話の中で幾度か
作品の品格 という言葉が出てきました。

作品の品格なんて、考えた事が無かった・・・

良くも悪くも、作品にはその人自身が投影されます。
どの程度、その作品と向き合ったのか・・・
私自身が自分に問うて
もっとやれるはずだ・・・と言われた気がしました。

沙庭での個展、この場所で感じた事を大切にしたいと思います。

昔ながらの趣のある建物内は、複数のギャラリー混在する不思議な空間です。
お近くにお越しの際は、是非ご高覧下さい。

■アートプロジェクト紗庭 →クリック
(長野県軽井沢町追分607 信濃追分文化磁場「油屋」本館1F)
■7月5日(木)-30日(月)
■11:00-17:00
■火・水曜日・定休日 17日~無休
■0267-31-6511

沙庭

沙庭裏

IMG_4840.jpg

ギャラリーヴォイス「わんの形」展

本日より
岐阜県多治見市にある
ギャラリーヴォイスで開催される
「わんの形 PartⅡ」展に
参加させていただいております。


2_2018060322234583d.jpg

3_2018060322234770a.jpg


器型の「わん」、湾曲した形の「わん」、犬の鳴き声の「わん」など、
作家の自由な解釈で「わん」をテーマにした
陶芸、ガラス、金属、漆芸など381名の作家の作品をご覧いただけます。

私は絵付けの作品を出品させていただきました。

1_2018060422203624a.jpg


器型の「わん」、湾曲した形の「わん」、犬の鳴き声の「わん」など、
作家の自由な解釈で「わん」をテーマにした
陶芸、ガラス、金属、漆芸など381名の作家の作品をご覧いただけます。
お近くにお越しの際は是非ご高覧下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『わんの形 PartⅡ』展
会期:2018年6月3日(日)~8月5日(日)
             ※最終日は15:00まで

【関連催事】
○シンポジウム『碗・盌・わん』の形を考える
   日付:6月17日(日)13:30~15:00  
      【会場:ギャラリーヴォイス3F】


プレート皿のご注文

長野県松本市に伊藤豊雄さんの設計で
新たに建設された信毎メディアガーデン。

その中のフレンチレストラン、レストロリンさんから
お肉料理をのせる24cmのプレート皿のご注文を頂き
試作品を経て、本日無事に納品させて頂きました。

2 (1)
 
素敵な内装の店内、正面に展示されているのは
若かりし頃の横尾忠則の版画作品です。
この頃の作品、好きです。

2 (2)

早速ランチから お使い頂けるということで
ちゃっかり私もご馳走になってしまいました。
体の内側から元気になるボリューム満点のお料理
美味しかった♪
気になるメニューは・・・
フランス産鴨モモ肉のコンフィ・フランス産のアスパラ&マッシュポテトを添えて

4 (2)

私自身も使用感を確認させていただき
お客様が頬を緩めながら食事を楽しむ様子と
器をお使い頂いているの姿も拝見する事ができ
とても幸せな時間を過ごさせていただきました🎶
シェフご夫妻、スタッフの皆さまありがとうございました

4 (1)

いつも制作している作風と違うようで
技法を少し変えただけ。
材料は一緒でも、やり方を変える事でまた違う表情が現れる。
料理と一緒ですね。

白化粧・刷毛目+黄瀬戸をコンプレッサーで還元焼成です。

陶芸を経験した人は分かる・・・暗号みたいですね(^^ゞ


FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: